内部SEO

検索エンジンは外部リンク以外の方法でも、ホームページを評価しています。

ずばり「ホームページの中身」です。内部SEOとは、ホームページの中身を適切なものにすることで、検索エンジンの評価を上げる事を指します。

では「中身」とはなんなのか?

ホームページの内部ソースコードが重要です

内部SEOホームページはHTML(エイチ・ティー・エム・エル)と呼ばれるプログラミング言語で作られており、表面的なデザインの話ではなく、このプログラミング言語で適切にホームページを仕上げることが内部SEOの手法です(車の設計で、目に見えないエンジンルームの構造をしっかりする・・・といったイメージだ と多少わかりやすいでしょうか?)。

多少専門的な話ですが、ホームページの内部にMetaタグ、h1~h6などの見出しタグを適切に使う手法が有効な内部SEOの手法の1つとして大手検索エンジンGoogleより公開されています(参考:Google公式-Google 検索エンジン最適化スターター ガイド)。

コンテンツが重要です

以下はGoogleが公開しているGoogleと相性の良いサイトからの引用です。

「情報が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確に記述します。」

「ユーザーがあなたのサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードをサイトに含めるようにします。」

「コンテンツ」とはホームページを構成する各ページの事です。

例えばホームページ制作業者のホームページであれば、「ホームページに関する豊富な情報」をコンテンツとして公開する。ユーザーが検索サイトに入力する可能性の高い、「ビジネスブログ、CMS、SEO、Web+地域名(東京都、江戸川区、船堀・一之江)」などを盛り組む事が、コンテンツの最適化といえます。

内部SEOとは、最適化されたプログラミング言語で、コンテンツを豊富に公開することで理解しましょう

ホームページ制作・ネットショップ構築に関するお問い合わせ